#669 中小河原の家Ⅱ 竣工写真②

こんばんは。

昨年完成した「中小河原の家Ⅱ」の竣工写真のご紹介、第2回です。

前回は玄関~LDKまで見ていただきました。


キッチンは対面式やアイランド式が多いのですが、

こちらは壁付でL型の配置です。

ダイニングテーブル兼作業台があるので、

とても使いやすいキッチンになりました。

お施主さまはご夫婦共に料理をされるので、二人で同時に

キッチンに立っても作業が出来るような造りにしました。

キッチン以外も同じ材料で製作しましたので統一感があり、

ちょっと厨房っぽさもあっていい雰囲気になったと思います。


ダイニングテーブルが4mありますが、

収納カウンターは5m!ありますので、収納量がハンパないです。

ついでにキッチンカウンターも3m!あります。

標準のキッチンカウンターが2.5mですので、

これも結構広いのです。

まわりのサイズが大きいのであまり感じませんが。。。


これら住設メーカーのキッチンユニットで組み合わせると

ものすごい金額になると思います。

お施主さまと、時間を掛けて検討し、

ローコストで納めることができました。


収納カウンターの中のルーバーの部分には、

床下エアコンを設置しました。

これは当初設計に入っていなかったのですが、

「穴山の家Ⅱ」を見学していただいた際に体験していただき、

設計変更して追加設置しました。


この床下エアコンは通常の壁掛エアコンを床下に設置し、

床下設置型の24時間換気システムを使い、

家中に循環させるようなしくみになっています。

お問い合わせいただければ詳しくご説明します!

階段下には、オープンの棚を設けました。

当初はオープンの飾り棚・本棚だったのですが、

パソコンデスクとしても使用出来るように形状変更しました。

キッチンの隣にはパントリーがあります。

食料品・生活雑貨のストックや家電・掃除道具なども

置くことができますので是非設置したい部屋です。


そのままWICに繋がります。

奥に行くほどプライバシーの高い部屋になります。


WICから洗面脱衣に入れます。(左ドアから)

また洗面脱衣からLDKにも繋がります。(右ドアから)

洗面カウンターも製作しました。

こちらは少し明るい色合いでまとめています。


キッチン~WIC~洗面脱衣を連続した間取りとし、

かつ回遊出来る配置にすることで、家事がしやすい家になると考えています。



最後はトイレです。

洗面脱衣とトイレは親世帯と子世帯の間にあります。


こちらも明るい色あいでまとめました。

壁紙1面だけでもかなり印象が変わります。

部屋ごとにいろいろな表情があって楽しい家になりました。

今回はここまで。

またご紹介しますね。


小林義仁/小林建築設計事務所

LINEでもお問い合わせを承っております。お気軽にお問い合わせください。

0コメント

  • 1000 / 1000